ポータブル残留塩素計 RC-24P

フィールドで容易に測定できる残留塩素計。残留塩素は、水道水などの殺菌用の塩素化合物で経時変化が激しいため、現場での検査を必要としています。

機種名
ポータブル残留塩素計
型番
RC-24P
メーカー
東亜ディーケーケー
価格
お見積もり(30日レンタル標準価格)
  • 30日レンタル標準価格はユーザー登録して頂くと表示されます。
    詳しくはログイン後の便利機能をご覧下さい
  • 消耗品・消費税は上記価格に含まれません
  • レンタル料金には最低料金がございます
This field can't be Empty
This field can't be Empty
数量

特長

  • 測定対象:遊離残留塩素
  • 試薬不要
    ポーラログラフ法の採用により、試薬の取扱・処理が不要。安心して測定ができます
    DPD法等の従来測定法と比べても、安定した個人差の少ない測定ができます
  • 低ランニングコスト
    従来測定法と比べ、試薬を必要としないため、ランニングコストが削減できます
  • 防水構造
    防水規格JIS C 0920(IP67:1m、30分浸漬可)に準拠
  • DPD法との相関ある測定が可能
    センサ接続時に自動読込される電極係数により、DPD法と相関のある測定が可能となります
  • ISO(バリデーション)対応機能
    • 時計機能内蔵、データメモリ300点
      測定値とともに日時が常時表示されますので、リアルタイムのデータ観察が可能
      またデータメモリ機能により、いつ測定したデータかを後から確認・判別できます
    • メモリ内蔵センサ『キャルメモ』採用
      センサ自身に型式、製造番号、合わせ込み(校正)履歴、電極係数をメモリできます
      また、電極係数は自動読込されるので、使用時に設定する必要はありません
  • プリンタ出力/RS-232C出力標準装備
    現場データ(メモリデータ)を、事務所のプリンタでデータアウトしたり、パソコンでデータ処理を行うことができます
    ※プリンタインターフェースとRS-232インターフェースを同時に使用することはできません
  • 簡易連続測定にも対応
    添付のビーズ研磨キット(0IZ00005)を取り付けることにより、簡易的な連続測定も可能です
    ※測定モードを簡易測定モードに変更してください(オートホールドモードのままでの測定はできません)

主な仕様

測定方法 ポーラログラフ法
測定対象 遊離残留塩素
測定範囲 遊離残留塩素:0~2.00mg/L
温度:0~45℃
繰返し性 遊離残留塩素:±0.05mg/L以下
温度:±0.5℃
校正 電極係数入力方式/他分析値への合わせ込み機能内蔵
センサリード線 1m
データメモリ 300データ(測定時刻、測定値、温度)
インターバル機能 設定時間(5秒~99分59秒)毎のデータメモリ
サンプルモード 次亜塩素酸測定モード、イソシアヌル酸測定モード
外部出力 プリンタ出力、RS-232インターフェース標準装備
防水構造(電極接続時) JIS C 0920、保護等級7(防侵型、IP67:1m、30分浸漬可)
その他機能 キーロック、オートパワーOFF、インターバル(簡易連続測定時のみ)
使用温度範囲 0~45℃
電源 単3乾電池×2本
電池寿命 約20時間(アルカリ電池使用時)
寸法 H187.5×W75×D37.5mm
重量 約320g(電池含む)

用途

水道水・貯水槽の塩素管理

付属品リスト・一覧

本体 ×1
ケース ×1
取扱説明書 ×1
投込み用センサー ×1
測定容器 ×1
浮き ×1
ビーズ研磨キット ×1
研磨ビーズ予備 ×1
ドライバー ×1