ハンディサーチ NJJ-95A ※取扱終了

コンクリート内部の鉄筋やガス・水道管(金属・非金属)、空洞などが推定できます。

機種名
ハンディサーチ
型番
NJJ-95A
メーカー
日本無線

特長

  • カラー液晶採用で見やすく鮮やかな画面表示
    測定画面の判別がより鮮明に行えます。また、従来の白黒画面を鮮明にした白黒モードにも対応しています
  • CFメモリーカードの採用で測定データの保存・読み出しが簡単に
    本体のみで測定データの保存・読み出しが行え、推奨するWindowsソフトとの連携で編集・管理が簡単に行えます。また、PCへのデータ転送もメモリーカードによって簡単になり、現場作業の効率が上がります
  • IrDA機能を搭載し、専用プリンタ(CMZ-103)とケーブルレスで印刷が可能
    わずらわしいケーブル接続なく、現場での印刷(モノクロ)が簡単に行えます。ケーブルレスなので不意のケーブル断線の心配も
    ありません
  • コンパクト・軽量化
    本体表示部とアンテナ部が一体化しているのでコンパクト、さらに約1.1kgと軽量のため片手で容易に操作できます
  • 金属から非金属まで探査
    レーダ方式により鉄筋等の金属物のほかに、塩ビ管、空洞などの非金属物も探査できます(空洞の探査は位置や大きさにより左右さ
    れます)
  • データの保守・再生
    一回の測定で15m分のデータが保存・再生できます
  • リアルタイム表面波処理
    表面波除去処理をリアルタイムに行えますのでスピーディに測定でき、固定表面波に加え、測定中のデータによる表面波設定が可能で、簡易操作と高精度測定を兼ね備えています
  • 多点のカーソル位置読み取り・記録可能
    測定後、XYカーソルにより、鉄筋等の位置、深さの読み取り・記録ができます(最大7点)

主な仕様

方式 レーダ方式
探査対象物 鉄筋・塩ビ管・空洞など
かぶり厚さ 5~200mm(鉄筋径6mm以上で上端筋の場合)
表面方向分解能 80mm以上の間隔(ただし直径6mmの鉄筋が深さ60mmにある場合)
最大探査距離 15m
表示モード Bモード(垂直断面図)、BAモード(垂直断面図、反射波形表示)
画像処理 探査時:リアルタイム自動表面波処理、リアルタイムマニュアル表面波処理
非探査時:マニュアル表面波処理、ピーク処理、原画再生処理、固定表面波処理、減算処理
ディスプレイ TFTカラー液晶(640×480ドット)
深度校正 深度校正のスイッチの設定により、液晶ディスプレイ上に表示(7種類)
内部記憶 15m分のデータが記憶可能
最大走査速度 約40cm/s(速度超過ブザーあり)
制御機能 画面反転、カーソルマーク(最大7点)、バッテリー容量表示
探査データ保存機能 コンパクトフラッシュにデータ保存
使用温度範囲 0~50℃
電源 バッテリーパック
電池寿命 約1.5時間(バッテリーパック満充電時)
構造 簡易防滴構造
寸法 約W149×D216×H147mm
重量 約1.1kg(バッテリー含む)

付属品リスト・一覧

本体 ×1
ケース ×1
取扱説明書 ×1
簡易取扱説明書 ×1
取扱ガイド ×1
コンパクトフラッシュ ×1
バッテリーパック ×3
充電器 ×1
ACケーブル(2極) ×1
プリンタ ×1
取扱説明書(サーマルプリンタ) ×1
インターフェースケーブル ×1