酸素濃度計

マンホールの中など、酸欠の恐れがある場所で事前確認が行えます。酸素濃度は大気中に通常約21%存在し、本機材は18%以下になると警報により危険を知らせます。