超音波厚さ計 38DL PLUS

This field can't be Empty
This field can't be Empty

高性能、簡単操作、堅牢設計、信頼性を備えた超音波厚さ計。

 

■ メーカー オリンパス

特徴

■ 二振動子型探触子および一振動子型探触子に対応。
■ 広範囲な厚さ測定範囲:0.08㎜~635㎜(材料および探触子タイプにより異なる)
■ 二振動子型探触子による腐食減肉測定
■ THRU-COAT(スルーコート)およびエコーtoエコー測地により、塗装またはコーティングされた材料の母材厚さ測定が可能。
■ すべての探触子において、0.01㎜の分解能で測定。
■ 厚さ、材料音速、伝播時間の測定が可能
■ 防塵・防水性能規格IP67準拠
■ 太陽光下でも暗闇でもはっきりとデータ表示可能な半透過型VGAカラーディスプレイ
■ 左手でも右手でもすべてのキー操作ができるシンプルなキーパッドデザイン
■ 厚さ測定値や波形データを簡単に収録・転送可能な送受信兼用のデータロガー搭載。
■ Excel対応のCSVフォーマットで内部保存したファイルを直接microSDメモリーカードにエクスポート可能

用途

■ パイプ、チューブ、タンク、圧力容器、船体など内部が腐食や浸食の影響を受ける構造物の残存肉厚計測など。

仕様

測定仕様
■ 二振動子型探触子測定モード
励振パルス後の精密な遅延時間から、最初のエコーまでの時間間隔を測定
■ THRU-COAT測定
シングルバックウォールエコーを使用して、金属部の厚さとコーティング部の厚さを測定(D7906-SMおよびD7908探触子を使用)
■ スルーペイント、エコーtoエコー測定
塗装またはコーティングを除いた2つの底面エコー間の時間間隔を測定
■ 一振動子型探触子測定モード
モード1:励振パルスから最初の底面エコーまでの時間間隔を測定
モード2:ディレイラインエコーから底面エコーまでの時間間隔を測定
モード3:励振パルス後の最初のインターフェイスエコーに続く2つの底面エコー間の時間間隔を測定(遅延材または水浸型探触子を使用)
■ 厚さ測定範囲    0.080㎜~635.00㎜(材料、探触子タイプ、表面状態、温度など設定条件により異なる)
■ 材料音速範囲    0.508㎜/μs~13.998㎜/μs
■ 分解能(選択可能)  低分解能:0.1㎜、標準:0.01㎜
■ 探触子周波数範囲  標準:2.0MHz~30MHz(-3㏈)

一般仕様
■ 気温(使用時)   -10℃~50℃
■ キーパッド    感触と音で入力確認できる密閉型カラーキーパッド
■ 筐体      耐衝撃性、防水仕様、防水コネクター、ガスケット付筐体:IP67準拠気密設計
■ 寸法(W×H×D)  125㎜×211㎜×46㎜
■ 質量      0.814㎏
■ 電源      AC/DCアダプター、24V;リチウムイオンバッテリー23.760Wh、単3アルカリ電池4本
■ 規格      EN15317(超音波厚さ計性能規格)準拠

ディスプレイ
■ 半透過型液晶VGAカラーディスプレイ  液晶ディスプレイ、表示領域56.16㎜×74.88㎜
■ 波型表示    全波、RF、半波+、半波-

入力/出力
■ USB      1.0クライアント
■ RS-232    対応
■ メモリーカード  メモリ容量:2GBmicroSDメモリーカード(外部)
■ ビデオ出力   VGA出力標準搭載
■ データロガー  厚さ、波形、測定設定条件の識別、保存、呼出、削除が可能
■ 保存データ   475,000件の厚さ測定値または20,000件の波形付測定値を保存