接近警報センサ ヒヤリハンター

This field can't be Empty
This field can't be Empty

フォークリフトや重機などに設置したヒヤリハンターが
各作業者が携帯している小型タグを検知し接近を運転手に警報でお知らせします。

■メーカー: マトリックス

特長

■ 見えない場所も検知
磁界に反応したタグの電波で警報。磁界の外では電波を発信しないので無駄な警報がありません。

■ 正確な検知
磁界にはエリアIDがあり、車両によって異なります。タグは検知したエリアIDも発信し、車両のエリアIDと一致してから警報するので、より正確です。

 危険がせまっている車両だけ信号灯でお知らせします。

■ 強力な磁石でカンタン設置できます。

■ 健康や医療機器に影響を及ぼさない機材です。

■ ノイズに強い機材です(発信する電波が強いです)

内容品

トリガー送信ボックス

磁界を出力する装置となります。側面にある3段階(小・中・大)のボリュームの大きさで磁界を調節します。

背面に磁石が付いているのでフォークリフトの天井の中央に設置してください。

制御ユニット

ヒヤリハンターの本体となります。

背面に磁石が付いているのでフォークリフトの天井の空きスペースに設置してください。

モノポールアンテナ

タグの電波を受信する機器となります。

背面に磁石が付いているのでフォークリフトの天井の対角線上に設置します。

信号灯

ヒヤリハンターがタグの電波を受信したときにオペレーターに音と光でお知らせ、注意喚起します。

背面に磁石が付いてます。フォークリフトの運転席で確認できる位置に設置します。

人数・車両表示ユニット

モノポールアンテナで発生させた磁界の中にタグを持った作業者が何人いるかを表示する機器となります。

背面に磁石が付いてます。信号灯同様にフォークリフトの運転席で確認できる位置に設置します。

※配線関係は必ずキーオフ(電源オフ)で作業してください。

 

 

用途

■ フォークリフトや重機、車両などの接触防止の安全対策。危険エリア接近警報、入退出管理、所在管理など。

全国のフォークリフトを使用する作業現場で活躍してます。

 

イメージ図

曲がり角や死角からの作業者・フォークリフト飛び出しの安全対策に最適です。

 

検知範囲(上から見た図)

検知範囲は左右4m~6m、前後5m~9mに切り替え可能です。